富士山見るなら一番!三つ峠1人登山が最高に楽しかった。天気が良いと展望は素晴らしい。

ども、ねこのんです!

自然っていいわ~(=^・・^=)

先日やっと三つ峠に登ってきました!

ってことで登山レポ

三つ峠 ソロ登山

10月末、てんきとくらすと睨めっこしつつ、午前中は登山指数Cになっていたけど、基本晴れだし大丈夫だと信じて三つ峠に登ってきました。

三つ峠と言う名前ですが峠ではなく、三つ峠山とも言われます。開運山(1,785m)、御巣鷹山(1,775m)、木無山(1,732m)の三つの山の総称が三つ峠。

三つ峠を選んだ理由は、富士山が見たかったから。中々近くの山に登っても富士山曇っていて見えない…やはり近くまで行かないと。。

と調べたところ、東京から日帰りで行けて富士山がきれいに見える山を見つけました。それが見つけた峠三つ峠(=^・・^=)

三つ峠 アクセス・ルート

まずは三つ峠への登山口へのアクセス。ルートによりますが、富士急行線に乗って、河口湖駅か三つ峠駅まで行きます。三つ峠駅はそのままそこから歩いて峠を目指します。河口湖駅なら高速バスと言う手もあります。

河口湖駅からはいくつからルートがあり、①カチカチ山ロープウェイを使ってから登るコース、②河口湖からバスに乗って三ツ峠登山口バス停まで行ってから登るコース、③河口湖から河口浅間神社までバスに乗ってから登るコース

などがあります。②が一番手軽なハイキングコースとも言えます。

三つ峠自体は初心者でも登れる山ですが、コースによってはかなり体力が必要です。

東京から2時間ちょっと。日帰りもできるくらいの山ですが、きちんと計画を立てないと痛い目を見かねませんので準備は大切です。

予定は河口湖側から登って、三つ峠駅方面に降りて、温泉に入って帰る。新しいレインウェアやシングルバーナーを用意していたねこのんはワクワクです(=^・・^=)

が…

当日5時に起きて、6時過ぎの電車に乗る予定だったねこのん。一度は起きました。が

2度寝しました。

そして起きたら6時過ぎ!電車乗る時間に起きました。。

いつもより早く寝たのに…

さてどうするか…実際初めての山だし、河口湖からロープウェイも使わずに登りたいと思っていました。そうなると登りに4時間くらいはかかる。どのくらいハードかもわからない。河口湖駅に着けるのは9時半くらい。山頂に着くのが13時を過ぎる…

厳しい。降りることも考えると自分の体力と長距離だと膝の不安も…

安全に上るのが第一。

ゆずれない下山後の温泉(お風呂)

三つ峠駅から登ると大体3時間くらい。そこから河口湖側に降りる人が多いのも事実。実際河口湖周辺は観光地だし、栄えてますしね。降りた後も楽しい。けど、ちょうどいい温泉が見つからない。河口湖駅から徒歩で行ける温泉あまりないんですよね…

しかも高い。

交通費も馬鹿にならないので徒歩が基本です。極力ロープウェイとかバスとかも使わないコースがベスト。

そして三つ峠には三つ峠グリーンセンターというスポーツ施設にお風呂があるんです。しかも610円とお安い。

そんなわけで寝坊した頭で、三つ峠駅からのピストンに変更。まぁ交通費も安くなるし今回は良いでしょう。

三つ峠 登山レポ

簡単に時間もコースも変えられるのも1人登山の良いところ。だから寝坊するのか。。

三つ峠駅へ

まぁ良いです。7時過ぎに最寄駅を出て、中央本線の高尾駅に乗り換え、富士急行直通だったのでそのまま「三つ峠駅」を目指します。

途中大月の車両の切り離しで、同じ登山っぽいおばちゃんにこれ「河口湖行くのよね?」って聞かれて、イヤホンしていたねこのんは切り離し把握してなかったので「行きますよ」って答えてた。

間違ってはなかったんだけど、後ろ3車両に乗ってたら切り離しなので後ろに乗ってたら移動が必要でした。

高尾からの直通は平日は7時47分発のものだけ見たいです。たまたまだったんですね。

まったりボックス席で過ごしてましたが、

すでに富士山見えるしテンション上がるわ~

富士山横目に、マウントレーニア飲みながら、go!go!vanillasのライクアマウンテン流れた時は何とも言えないテンションに。

三つ峠駅から三つ峠グリーンセンター

9時過ぎ三つ峠駅に降りました。駅に降りたのは地元っぽいおばあちゃんとねこのんだけ。

平日とは言えこんなものなのか…話しかけられたおばちゃんも違うところで降りたし、河口湖からの人も多いのかな。とか思ったけどそんなに登山っぽい人乗っていませんでしたね。

トイレは改札出る前に。自販機だけあります。とりあえずアクエリ追加購入。

グリーンセンター方面に。

「山道まで5.8km?」だったら引き返します(笑)山頂のことですね。

途中で富士山の絶景ポイントもあります。

15分ほど歩いて登山道に。グリーンセンターもここです。

「なになに?」

全行程三時間四十五分

えーと…2時間半くらいのつもりで三つ峠駅に降りたんですが…

若干焦る。駅からグリーンセンターまでの時間はあってるし。まぁ杞憂に終わることになりますが、だまされかけた。

三つ峠 山頂まで

グリーンセンターからしばらくは舗装された道が続きます。川もったり紅葉も中々きれいでした。

後ろから見るとよくわからないトイレ。

神鈴の滝遊歩道っていうのがあったので通ってみます。

道が柔らかい。木漏れ日がきれいです。

ん~快晴!!

遊歩道を抜けてしばらく行くと何やら階段が。

登ったところは広場とバス停。「眺望逆さ富士」?なんか呼んだら来てくれるらしい。

達磨石。というここれか!と後から気が付いた。たくさんあるんですよね。55分もかからない。散歩している人3人くらいにあったくらいで人が居ないです。

山道らしくなってきました。外国人の集団がいました。とりあえず追い抜いて進みます。

というか中々ハードです(=^・・^=)

緑黄赤が入り混じってます。きれい。でも中々ハード。。。

やっと来たー「股のぞき」。どれどれ…

ちらっ

おーーー。紅葉と…富士山!!

中々近いです!このコース。結構急で息も切れぎれですが、富士山が見えて頑張る力をもらえます。

「馬返し」こんなところまで馬が登って来たのか。しかしすぐに帰る理由がわかる。

Mt富士は最高です。

危険…

崖。。

いやし。

道はどんどん険しくなっていきます。正直結構きつかった。時々足を止めて深呼吸して自然を感じて回復してました。

おじぞう・・・

さんっ!!

ここでも休憩しつつ、出くわす人はほとんど同じです。山道付近であった外国人集団の早い人たちや、ねこのんと同じく一人で登っている人2,3人。抜いたり抜かれたりずっとそんな感じ。顔なじみみたいになってきてました。

休憩を終えて進んだ先は、もっと崖。。

さすがにそれなりの山であることを感じました。初心者でも行ける山とも言いますが、三つ峠駅からのコースは少なくても、登山靴はあった方がいいですね。

とは言え富士山がきれいに見える場所です。

気を付けて進みながら

抜けないかしら。。

クライミングスポットとしても有名らしい。登っている人はいなかったですが。

本当にきれい。

ラストスパート。前を行く方とも「最後がきついのよね」と話しながらゆっくり上ります。良い方でした。

ついに三つ峠山荘!!ここからの展望もきれいですが

山頂を目指します。この手書き感。

開けた場所に出ます。先客が結構いました。他のルートから来た人たちかな。

まじでいい。登った感がすごい。目指すはアンテナとかが見える先。ここから10分くらい。

ここの裏手にトイレとかもあります。外のテーブルを使うときは100円入れてね。

山頂へ行く山道は整備中でした。

少し迂回して…

さっき見えていたのはNHKのアンテナです。

どん!!!

ついに山頂!!!ちょうど12時くらいだったので、三つ峠駅から3時間くらいって感じですね。よかった。。正直思っていた以上にハードでしたが楽しかったです。

山頂で一緒に登ってきた外国人の人が写真も撮ってくれました(=^・・^=)言葉わかんなかったけど優しい。

おばちゃんも優しかったし、他の方の写真撮ってあげたり、「これが山登りか~」って1人ハイクだったけど出会いが楽しかったです。

人が多い人気過ぎる山だとあまりないですからね。達成感がすごくありました。

お昼ご飯から下山

山頂でご飯にしようかと思いましたが、そんなに広くないし、一度手前の広場まで戻りました。最高にきれいです。

初!山ラーメン!!にしようと思ったのですがトラブル…

箸忘れた。

バーシングルバーナーでお湯を沸かし、トップバリューのお安いカップヌードルのビニールまで破ったところで気が付く。。まぁ入れる前でよかったと言えばよかったか。。

どんまいすぎる…

しかたないので山コーヒー。インスタントだけど格別でした。一瞬このマドラーでラーメン食べられないか悩んだけどやめました(笑)

素直におにぎりと玄米ブラン食べました。持ってきてよかった。

ラーメンはまた今度!でもコーヒーもうまかった!山飯3倍増し!!

1時間くらいのんびりしてました。元気になったので下山です。

案外河口湖から登っても間に合ったかもしれないなと思いつつ、三つ峠駅に向かってピストンで帰ります。

逆から見るとまた景色も違って見えますね。

富士山は相変わらず綺麗。ちょっと雲がかかっては来てますが。

紅葉も楽しみながら。

下りはさくさく降りていきます。登り程の息切れはないですが、足元は急なので気を付けないと危ないです。あと膝に負担をかけ過ぎないように。

2時間もかからず降りてこられました。一安心。楽しかったー

行きの時気が付かなかったけど遊具があった。ちょっとやりたくなりつつスルーします(笑)

水辺も中々きれいです。

そして「三つ峠グリーンセンター」に戻ってきました!

ん。。?

さて!温泉へ!!ちなみに登山パック1600円で温泉とビールとかついて三つ峠駅までの送迎が付いてくるそうです。

ねこのんは普通にお風呂だけ。入浴料610円。17時過ぎると410円と破格です。

宿泊なんかもできる施設。というか温泉って言ってますが、正確には温泉ではないみたい。湧水を使ったお風呂。しかし気持ちよかったです。露天貸切状態だった!

登山客は山頂で見た方が一人いたかな。あとは地元の人っぽかった。

風呂上りはコーヒー牛乳!ゾロ目にしようと「22」を選択したのに「24」から取りやがった。

こちら。八ヶ岳乳業。うまし。

ヤマノススメ。やっぱり影響あったのだろうか。平日だけ地元の人しかいなかったけど。

お風呂も満喫して三つ峠駅に向かって帰ります。朝富士山が見えた場所もほとんど見えなくなってました。

15分ほどで駅に着きました。そういえばこれなんだったんだろう。

駅員さんに次何時か聞きつつホームに入ります。20分くらいあった。

来るとき取らなかったけど、ヤマノススメとトーマス。謎です。正確にはトーマスはいない。

スペンサー。よくしらない。

日が落ちてきました。

例の達磨石。元々の「だるま石」を風化させないようにこうやってあちこちに作られたらしいです。

電車も来たので帰ります。ここから乗るのはねこのんだけでした。17時前の電車。19時くらいには家に着けました。

三つ峠登山まとめ

・晴れてると最高の展望!富士山最高!

・国籍を超えて知らない人と打ち解けられる。

・イメージ以上にハード。

・登るのもお風呂ものんびり(平日)

・寝坊しない

・箸は忘れない。

以上!今度は河口湖側から登りたいと思います。

三つ峠おすすめです!!(=^・・^=)